東京で賃貸物件を契約する時は、まずは物件の問い合わせを担当している不動産屋に入れます。

不動産屋を訪問して、そのお店が持っている物件を見せてもらうこともできますし、チェーン店に入るという手もあります。

どこもインターネット上で物件情報を公開してい

ますから、東京にいなくてもネットから情報を入手するという人も多いでしょう。

参考サイト東京の賃貸情報キャッチャー

気に入った物件があれば、まずは内見に出かけます。

見て気に入ったら、賃貸契約をしたいという意思表示をして、契約になります。

入居申込書などが不動産屋に準備してあります。

必要事項を記入することで、入居の意思表示になり、部屋の確保になるというルールのところが多いようです。

記入には身分証明書や印鑑が必要になります。

免許証や印鑑があれば、その場で決めることもできます。

その書類を審査して、入居審査になります。

一般的には勤務先への確認や保証人の確認が主な取引でしょう。

契約には住民票、印鑑証明なども必要になるので、あらかじめ必要な書類を確認、契約時には契約金などの支払も行い、正式に賃貸契約を結ぶことになります。